今だからこそ知っておきたい!風評被害対策

今だからこそ知っておきたい!風評被害対策

ネットで起こるケースが多い

今や風評被害はネットの方が起きる可能性が高いぐらいです。SNS、大型掲示板、ブログなどから風評被害となる記事、画像などが投稿された例は数多いです。そのため風評被害対策も自ずとネットを通じて行われることが多くなっています。記事の排除、投稿したユーザーを特定する作業などが対策になることがある他、証拠を取っておくことで裁判になった時に有利となることもあります。どういった場合も迅速な行動が求められています。

情報の重要性と対処について

情報自体の価値が、企業や個人問わず高い場合ほど、安易に公開しないことが重要であり対策の1つとなります。万が一良くない情報が広まった場合は、検索エンジンの評価を下げるようにしましょう。風評被害対策の専門業者であれば、そういったことにも詳しいです。業者によっては風評被害の原因となる個人を特定してくれる場合もあります。情報源の特定は、風評被害対策においてはとても重要なウエイトを占めます。記事の拡散を止めるのに有効であるためです。

管理者に問い合わせる方法

昨今、SNSや掲示板では管理者が風評被害の対応をしてくれる場合もあります。具体的には記事の排除、ユーザーの権限を凍結するなどがあり、ケース次第ではサービスの利用を止めるといったこともしてくれます。ただしこういった処置は、そのサービス内での記事などを排除するだけなので、個人を特定する手段では無いので注意しましょう。裁判に持ち込む場合は証拠を集めた上、ユーザーを特定することが大事です。ネットの風評被害で慰謝料を請求した例もありますよ。

風評被害が原因で会社に悪影響が出た場合、風評被害対策をしてくれるサイトがあります。逆SEO対策や、悪評の書き込みを削除することが可能です。