冷静に対処する事が必要です。

冷静に対処する事が必要です。

的にならないように心掛ける

インターネットはもはや、日々の生活に欠かせないツールとなっています。

何かを調べるにしても、インターネットで調べるのが一番簡単です。

調べる以外にも、掲示板などで見知らぬ人と情報交換するなど様々な使い方をされています。

ただ、そうなると心配なのがネット誹謗中傷です。

自分では標的になるような過激な事を書いた覚えが無くても、読む人によっては曲解されることも有り得ます。

標的にならないように過激な表現は控えて丁寧な言葉で書き込む事が大切です。

誹謗中傷を受けてしまったら

どんなに気を付けていても、ネット誹謗中傷の的になってしまうことはあります。

インターネットの性質上一度発言してしまったものは、ずっと残り続けることになります。

過去の発言を掘り起こされて誹謗中傷を受けてしまう可能性もあります。

ネット誹謗中傷を受けてしまったら、冷静になる事が一番大事です。

かっとなって、更なる誹謗中傷で返すようなことは慎むべきです。

問題ある書き込みを削除するべく管理人に連絡する等、相手の見えないインターネットだからこそ、大人の対応が必要です。

法律に抵触することも覚えておく

ネット誹謗中傷は受けた本人にとってショックなだけでなく、憶測で好き勝手な事を書かれることもあります。

ただ、この誹謗中傷は法律に抵触する場合があります。

例えば、名誉棄損や侮辱罪、脅迫罪などに該当する場合があり、実際に告発されるケースも度々ニュースになっています。

他にも、他人の個人情報をインターネットに勝手に流した場合などはプライバシーの侵害になってしまいます。

誹謗中傷を受けて、感情的になり言い返した結果、法律に抵触してしまう事もありますので、書き込みを行う際は常に自分が誹謗中傷をしないように冷静になる事が重要です。

WEB社会となった現代、ネット誹謗中傷のリスクは誰もが持っています。避ける為にはWEB上に個人情報を安易に表示したり、入力しないことが重要です。