発想を少し変えた内容の誹謗中傷対策とは!?メリットに変える秘法!

発想を少し変えた内容の誹謗中傷対策とは!?メリットに変える秘法!

企業名などに対するキーワードの順位を埋め尽くす

誹謗中傷対策を行う場合、ユーザーの行動パターンについて考える事がポイントです。企業に対する誹謗中傷であれば、企業名について直接調べるユーザーが現れるかもしれません。企業名で検索された場合は、検索結果における上部に表示される事がほとんどですよね。それ以外の結果に対して、コントロール出来るWebサイトが表示されていれば、誹謗中傷的な内容に出会う可能性を低く抑える事が出来ますよ。各々のWebサイトに対して、検索エンジンの結果を埋め尽くす方法はそれほど難しい内容ではありません。誹謗中傷されているページに対してのSEOは、行われていない事が一般的であり、SEO対策を行えば直ぐに埋め尽くす事も可能だからです。

誹謗中傷に対するキーワードの結果

誹謗中傷をされてからでも遅くはありませんが、誹謗中傷におけるキーワードを加えた結果に対するページに対して、コントロール出来るWebサイトを上位させておく防衛手段もあります。誹謗中傷における内容に対して、上手く良い結果に変える文章が記載されていれば、悪いイメージが良いイメージに変わる可能性もありますよね。ブラック企業に対する内容であれば、業界ではブラック企業がありますが、私共の会社では、社員が働きやすい環境作りに励んでいます。と言う様な文章を作り出す事も可能です。ブラック企業として検索されるかもしれませんが、ブラック企業と言うイメージを払拭させる事も出来ますよ。

誹謗中傷の内容を変えてもらう

誹謗中傷を行っている人の多くは、目先の事ばかりに意識が集まり、二手、三手先の訴えられる事については考えていない事もよくありますよね。直接、相手に対してコミュニケーションを取る事が出来るのであれば、削除依頼では無く、文章を変えなければ訴える事を伝える文面を伝える方法がありますよ。削除であれば、第三者に広がっている被害に対して対応する事が出来ません。文章を良い内容に変えてもらえば、第三者が再び訪れて、間違った内容だったと判断してくれる可能性も高まりますよ。知名度を良い方向へ広げる広告的な効果も期待する事が出来ますよね。

匿名性を利用したインターネットの誹謗中傷をやめさせるには、そのサイトの管理人に削除依頼をすることをはじめ、弁護士と相談して開示請求を行う事も誹謗中傷対策として大事になります。